吸水土のうがあれば安心|水害対策に打ってつけ

少ない費用で被害を防ぐ

土嚢

水につけるだけで簡単

吸水土のうは麻袋の中に紙おむつなどに使用されている吸水ポリマーが入っており、水につけるだけで土のうを作ることができます。値段は10枚で1万円前後で、乾いた状態なら5年程度保管しておくことができます。水につけてから5分程度で土のうが出来上がるので、急な雨で浸水しそうな時にも便利です。土のうは吸水土のうの他に昔からよく使用されている土砂土のうがありますが、人間が1つ1つ袋に土砂をつめていかなくてはいけないので沢山作るには多くの人手が必要になります。また土砂土のうはホームセンターなどでも販売していますが、大変重いので持ち運びが大変な上、広い保管場所が必要になるので大変です。それに比べると吸水土のうは持ち運びも簡単で、作るのに力もいりません。浸水しそうな時には水たまりも沢山あるので、つけておくだけで土のうができあがります。土砂土のうのようにスコップを用意する必要もなく、1人で同時にいくつも作ることができます。保管場所探しに苦労することもないので、コストや労力の面を考えると土砂土のうよりもメリットが大きいといえます。入り口が1間程度の入り口なら5〜10個用意しておけば、浸水被害を防げます。固定したい場合には簡単に杭が打てるので、流される心配もありません。浸水被害にあうと被害額が膨大なものになりますが、吸水土のうを用意しておけばわずかな費用でそれを防げます。また使用後は乾かした後に一般ゴミとして出せるので捨てるのも楽です。吸水土のうの中には使い捨ての他にも乾かした後に再利用できるものもあります。