吸水土のうがあれば安心|水害対策に打ってつけ

すぐに用意できる

土のう

軽く保管しやすい

河川が近くにない都市部でもゲリラ豪雨などで、浸水被害にあう店舗や事務所などが増えています。浸水被害にあうとパソコンなどが使用できなくなるだけではなく、泥水で床や壁などが汚染されるので営業再開までにかなり時間が必要になります。浸水被害を防ぐのに有効な手段が土のうです。河川が決壊しそうな場所や店舗や地下街の入り口に設置しておくことで水が流れ込んでくるのを防ぐことができます。しかし土のうを作る為にはあらかじめ土詰め作業を行わなくてはいけないので、急な雨などに対応するのが難しくなります。土のうの代わりによく使われているのが吸水土のうです。水たまりなど水が溜まっている場所につけておくだけで、大きく膨らみ土のうとして使用できるようになります。浸水しそうだと気づいた時に用意しても間に合うので大変便利です。しかも吸水土のうは水を吸わせない状態だと薄い袋状で大変軽いので、保管するスペースも余り必要ありません。設置場所まで女性でも持ち運ぶことができ、吸水させると20kg程度になるので水をしっかり防いでくれます。浸水対策だけではなく、水が溜まっている場所を早く乾かすために除水対策としても使用できます。吸水土のうには使い捨てや再利用できるもの、海水対応のものがあります。何度か浸水被害にあっている場所なら再利用できる吸水土のうが良いでしょう。めったに使うことがないが、用心のために用意しておきたい場合には使い捨てタイプが安価で便利です。